Le Bonta' dell'Olio di Alessia Cerquozzi : イタリアを召し上がれ, プロテオフードオンラインショップ
Powered by Zen Cart[日本語版]: The Art of E-Commerce [home link]

 

Le Bonta' dell'Olio di Alessia Cerquozzi

Le bonta' dell'olio di Alessia Cerquozzi


ボヴィッレ・エルニカのなだらかな丘の合間にあるチェルクォッツィ家のフラントイオ(搾油所)は、この町の人なら誰もが知っている、19世紀から続くオリーブオイルの生産業者だ。
カーナビを頼りにこここまで来たが、このアスファルトの細い道はくねくねと曲がりくねる網のようで最新テクノロジーのカーナビもお手上げで行く先を見失ったようだ。仕方がないので伝統的なナビゲーション「通りがかりの人に尋ねる」方式に切り替える。
細い道で子供が遊んでいる横にいた若い女性に声をかけてみることに。「そのフラントイオならこの満ちまっすぐよ。」と意外にもあっさりと場所がわかったものの、この道はまっすぐではない。上り下りのくねくね道をまっすぐだ。

素晴らしい秋晴れの済んだ空気の中、実を言うとほんの少し前から鼻先を収穫したばかりのオリーブを搾った爽やかで甘い香りがくすぐり、チェルクォッツィ家の場所はだいたい察しがついていた。

私たちを出迎えたのはアレッシア。仕事着のままで対応に出て来てくれた彼女は収穫したばかりのオリーブの実をオイルに搾る前準備である粗砕・撹拌する行程を担当している。フラントイオの周りは業をするスタッフたちに、オリーブを運ぶ込んでくる農園の人たち、そして搾り立ての貴重なオリーブオイル ノヴェッロが出てくるのを待っている購入業者たちが行きかい、その向こうの作業場の中にはアレッシアのご両親のフェデリカとエンリコ、そして兄のアレッサンドロの姿も見える。
彼らが愛情を注いだオリーブの収穫、一年の仕事の成果が出る瞬間に家族みんなの気持ちは集中する。

ロバの子や馬たちがのんびりと草を食む牧草地を見晴らす丘の中腹。
ここは、ずっと昔から彼らの土地だ。「少なくとも、祖父の時代からずっと。」とアレッシアは言う。

ふとアレッシアに「もし違う人生だったら?」と聞いてみた。26歳の若い彼女には農業という仕事は味気がないのではないだろうか?
「自然とのふれあいがない生活なんて無理。この楽園を手放すなんて無理ね。わかるでしょう?」とアレッシアは自信たっぷりに答える。

オリーブ畑を回りながら彼女がレッチーノ種、モライオーロ種、フラントイオ種などのオリーブの種類について説明をする。「これは、イトラーナ種。実が大きいでしょ。」
美味しいオリーブオイルの作るには各種類の持ち味、アロマを上手く組み合わせること。そこにまるでなにかのレシピのように少々の想像力を加える。
彼女の自慢のレシピたち、レモン風味のオリーブオイルにバジル、ペペロンチーノ、トリフ、ポルチーノ茸、オレンジ風味のオリーブオイルたち。まさに色と香りのゲームか遊びのようだが、私たちのようにいろんなオリーブオイル生産者を回るものにはなんとも珍しく新鮮なアイデア。
「これはとっておきの傑作なの!」と棚から取り上げたのは、黄色とオレンジの2色に分かれたボトル。
「上がレモン風味のフレーバーオイルに下はペペロンチーノのフレーバーオイル。それぞれの色がきれいでしょ?」
小さなふたつのボトルが重なる珍しいオリーブオイルの特徴を上手く活かしている。これはまったく想像もしていなかった。 さすがアレッシア ブラーバ! 

ボヴィッレ エルニカの丘にに日が傾き始め夕暮れが始まろうとしている。そろそろ私たちはおいとましよう。まだまだプロテオフードの冒険は続くのだから。




Le bonta' dell'olio di Alessia Cerquozzi
Via Paolini, 12
030220 Boville Ernica(FR) Italy


Tel: 0775. 356723



BUTTON_privaci_ALT